遺産目的の詐欺や悪徳業者に注意!

相続を巡る詐欺や悪徳業者のトラブルが発生している

身内でも、様々なトラブルが生じてしまう遺産相続ですが、遺産相続をめぐって悪徳業者に引っかかってしまったり、詐欺にあってしまったりする人もいます。
遺産相続を受けたことを口外しなければ、このような被害に遭う事は最小限に止められますが、極端な話、遺産相続を受けたことを知った知人が自分を裏切ったりすることがあります。また近々遺産相続を受けるだろうと見込まれている人に対し、何らかの形で自分の借金の連帯保証人や包括保証人をお願いして、借金だけを残して消息がつかめなくなってしまうようなケースもあるので、自分が遺産相続を受ける際には今まで以上にシビアになっていかなくてはなりません。

高級品の売り込みや投資信託の話には注意を払いながら対応する

どんな形であれ遺産相続を受けたことを知られてしまうと、突然降って湧いたように様々な業者から高級品の売り込みが始まったり、投資信託の訪問勧誘が始まったりすることがあります。

投資信託などの場合には、悪徳業者というよりもある程度自分に利益があるケースもありますが、信託を行うことによって、証券会社側としては非常に大きな利益に繋がりますから、単純に株式の取引より投資信託ができるような大きな資金を持っているお客様をターゲットに営業を行います。
上記したようにどのような形であれ、遺産相続を受けた事が知られると、今まで自分の身の回りで起きなかったような事が起きてしまうことがあるので気をつけましょう。

例え口外しなくてもご親族が亡くなり、その後のお金の使い方の変化などを見て、おそらく遺産相続を受けただろうと他人に推測され、騙されてしまったりお金目当てで近づいて来られてしまうということもあります。